ここから本文です

京口紘人が初防衛成功 ダウン奪えず「おもろない試合してすんません」

6/19(水) 20:54配信

デイリースポーツ

 「ボクシング・WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ」(19日、幕張メッセ)

 トリプル世界戦が幕張メッセ・幕張イベントホールで開催され、セミファイナルでは同級スーパー王者・京口紘人(25)=ワタナベ=は、同級10位タナワット・ナコーン(26)=タイ=に3-0(117-112、117-111×2)の判定勝ち。昨年大みそかに獲得した王座の初防衛に成功した。

【写真】“ムエタイの雄”に腰を引かせる京口のファイト

 大みそかにマカオでヘッキー・ブドラー(南アフリカ)に10回TKO勝ちして2階級制覇を達成した京口の初防衛戦は全勝対決となった。「サタンムアンレック」のリングネームでも知られるタナワットは、殿堂ルンピニー・スタジアムで2階級制覇したムエタイの雄。ムエタイでは相手がいなくなったため、17年に国際式に転向し、全勝で世界戦の舞台に進んできた。

 パワーで上回る京口は初回から積極的に仕掛ける。挑戦者を押し込むと、ロープ際では得意の左アッパーカットと左ボディー。しかしタフな挑戦者はパンチをもらっても平然笑みを浮かべるなど不気味な展開となる。右フックでぐらつかせた10回も仕留めることはできず、ダウンを奪うことはできなかった。

 スーパー王者は「むちゃくちゃおもろない試合してしまってすんません。タフな相手を圧倒することをテーマにしていたのにふがいない試合で申し訳ありません」とダウンなしの試合内容をわびた。それでも「何とか首の皮一枚つながった。大きなことは言えませんが、必ず統一戦を実現させたいのでこれからも見守ってください」と前を向いた。

 京口の通算戦績は13戦13勝(9KO)。タナワットは12戦11勝(5KO)1敗。

最終更新:6/19(水) 22:05
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事