ここから本文です

井岡 2年2カ月ぶり国内リング復帰で4階級制覇「本当に背中を押してもらえた」

6/19(水) 22:22配信

デイリースポーツ

 「ボクシング・WBO世界スーパーフライ級王座決定戦」(19日、幕張メッセ)

 トリプル世界戦が幕張メッセ・幕張イベントホールで開催され、メインイベントのWBO世界スーパーフライ級王座決定戦では、元世界3階級王者で同級2位・井岡一翔(30)=Reason大貴=が、同級1位アストン・パリクテ(28)=フィリピン=に10回1分46秒TKO勝ち。17年4月以来、2年2カ月ぶりとなる国内リング復帰戦で、日本初の4階級制覇を達成した。井岡の勝利者インタビューは以下の通り。

【写真】左腕にタトゥー、誇らしげにベルトを高々掲げる井岡

 -勝ちました井岡一翔選手です。

 「ありがとうございます」

 -日本人史上初の4階級制覇です。

 「今、すいません。まず感謝の言葉しかありません。この試合に向けて、僕が復帰してから僕以上に期待してくださった方々にこの勝利を捧げたいです」

 -新しいベルト。また違った重みがある。

 「このベルトを取るためにすべてを懸けてきたんで。こうして皆さんの前で、日本の地で4階級制覇を達成できて本当にうれしく思います」

 -また頂点に立ちました。期待している人も多い。

 「これからも自分が思うように好きにボクシングをやっていって、その中で、結果で応えていきたいと思うので、これからも応援よろしくお願いします。久しぶりの日本のリングに立ちましたけれど、本当に背中を押してもらえました。ありがとうございました」

最終更新:6/19(水) 22:24
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事