ここから本文です

巨人・クック、手痛い復帰戦で黒星…宮本コーチは「久しぶりの登板にしたら合格点」

6/19(水) 23:25配信

デイリースポーツ

 「交流戦、巨人3-4オリックス」(19日、東京ドーム)

 巨人のライアン・クック投手が八回に捕まり、敗戦投手となった。

【写真】打球方向を祈るように見つめる中島

 七回、中島の移籍1号となる同点2ランで追いつき、同点の八回から登板。先頭の吉田正にリプレー検証後の内野安打を許すと、その後は四球と中前打などで1死満塁。小田に決勝の中犠飛を浴びた。

 マシソンが右内転筋を痛め出場選手登録を抹消。クックはこの日に1軍再昇格を果たしたばかりだったが、黒星を喫した。

 ソフトバンクが敗れ、勝てば交流戦首位浮上だったが逃した。宮本投手総合コーチは「内野安打でハードラックな部分はありましたけど…。久しぶりの登板にしたら合格点」とかばった。今後については「よい投手を後ろの方に回すという感じでやりくりしていく」と、イニングの終盤に状態のいい投手を優先して投げさせる方針を明かした。

最終更新:6/19(水) 23:31
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ