ここから本文です

楽天 延長戦制して貯金は今季最多「9」 平石監督「何があったか覚えてないわ」

6/19(水) 23:53配信

デイリースポーツ

 「交流戦、阪神4-9楽天」(19日、甲子園球場)

 これぞ“逆転のイヌワシ”の真骨頂。苦しみながらの勝利に、楽天・平石洋介監督(39)も興奮を隠しきれなかった。

【写真】辰巳お見事トラの能見撃ち

 さまざまな要素を含んだ一戦に、試合終了直後は指揮官も「ちょっと待ってください。何があったか覚えてないわ」と冗談交じりでメモを見ながら、笑顔を見せていた。

 先発・美馬が初回に3点を奪われるなど、序盤から劣勢の展開。だが、3点を追う四回2死一、二塁で捕手・堀内に新人・渡辺佳(明大)を代打に送り、期待に応えて右前適時打。続く投手・美馬にも代打を送るなど、早い段階で手を打った。

 「あそこで点を取らないと、この試合は苦しいと思った」という勝負手。続く五回には上位打線の4連打で一気に同点に追いついた。そこからは再三の危機を救援陣がしのぎ、延長十回には無死満塁から新人・辰己(立命大)の決勝中前適時打を皮切りに、一挙5得点で突き放した。

 「苦しい展開からよく追いついたし、よく粘って勝てたのは大きい。僕らは試合が始まったら最後まで出し切るだけ」と選手の粘りをたたえた指揮官。今季最多の貯金9となり、チームにも勢いが生まれてきた。

最終更新:6/19(水) 23:57
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/23(火) 20:50

あなたにおすすめの記事