ここから本文です

【ソフトバンク】大竹が大学時代の経験生かす「風向きとか見ながら考えたい」

6/19(水) 19:19配信

スポーツ報知

 ソフトバンクの大竹耕太郎投手(23)が19日、自身初の“がい旋登板”に胸を躍らせた。先発する20日のヤクルト戦の舞台は、早大時代に4年間戦った神宮。「他の球場で投げるよりうれしい。プロで投げられると思っていなかった」。プロ入り後、初めてマウンドに上がるが、そこは慣れ親しんだ球場。「風向きとかみながら(配球を)考えたい」と経験を生かすつもりだ。

 シーズン序盤は打線の援護に恵まれず、白星が遠かったが、5月29日のオリックス戦(京セラD)から3連勝中で4勝(2敗)をマークしている2年目左腕。思い出の地で5勝目をつかむ。

最終更新:6/19(水) 19:42
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/16(火) 9:00

あなたにおすすめの記事