ここから本文です

カミラ・カベロ、新作で「初めて、想像じゃなく実際に起きていることを曲にした」

6/19(水) 17:53配信

BARKS

カミラ・カベロが、順調に制作中で、早くも完成間近だという新作について語った。彼女が2018年に発表したソロ・デビュー作『Camila』は全米No.1に輝き、グラミー賞最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバムにノミネートされるなど高い評価を得たが、セカンドは「いまの自分の本質をとらえた」さらなる自信作のようだ。

◆カミラ・カベロ画像

『Hollywood Reporter』によると、カミラは<カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル>でこう話したという。「前作に取り掛かり始めたときは、私はまだちょっと世間知らずで、恋愛の経験がちゃんとないのに、それを曲にしてた。新作は想像の産物じゃないわ。初めてよ。現実に起きていることについて曲を作ってる」「いま現在の私の本質をとらえてる。今回は伝えたいストーリーがいっぱいあるの」

カミラは今週、<カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル>で『Variety』の音楽編集者Shirley Halperin、SpotifyのCCO、Dawn Ostroffと共に音楽の未来をテーマに講演会を開いたという。

カミラは、自身の新作のリリースはもうちょっと先のことになるが、火曜日(6月18日)、エド・シーランが7月にリリースするニュー・アルバム『No.6 Collaborations Project』に参加していることが明かされた。カミラはカーディ・Bと共に「South Of The Border」という曲でフィーチャーされているという。

Ako Suzuki

最終更新:6/19(水) 17:53
BARKS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ