ここから本文です

19日 晴れても天気急変の恐れ 激しい雨や雷雨注意

6/19(水) 6:36配信

tenki.jp

きょう19日(水)は、南西諸島や九州南部では断続的に雨雲がかかりそうです。北日本、東日本を中心に昼ごろからは、あちらこちらで雨雲、雷雲が発達しそうです。天気の急変にご注意ください。

きょう19日(水)は、梅雨前線は九州の南に停滞するでしょう。また、本州付近は上空の寒気の影響で広く大気の状態が不安定になりそうです。天気の急変にご注意ください。

<各地の天気>
沖縄は昼ごろから雨で夜は雷を伴い激しく降る所があるでしょう。九州は北部で晴れますが、前線に近い南部は断続的に雨が降る見込みです。中国地方、四国も日差しはありますが変わりやすい天気になるでしょう。午後からは所々でにわか雨がありそうです。近畿、東海、北陸、関東甲信、東北、北海道は、晴れ間は出ますが、昼ごろからは局地的に雨雲、雷雲が発達し、天気急変の恐れがあります。急な激しい雨、落雷、竜巻などの激しい突風にご注意ください。特に新潟県、山形県などでは、昨夜の強い地震で地盤が緩んでいる可能性があります。少しの雨でも土砂災害の恐れがありますので、雨の降り方には十分ご注意ください。

最高気温 西日本の内陸では真夏日も

最高気温は平年並みか高い所が多いでしょう。那覇は29度、鹿児島25度の見込みです。福岡は29度、高知は26度、松江は28度です。広島は27度、大阪は28度でしょう。西日本は、きのうと同じか高く、内陸部では真夏日の所もありそうです。名古屋は29度、金沢は25度、新潟は22度の見込みです。東京は28度で、きのうと同じくらいまで上がり、平年を2度ほど上回りそうです。仙台は23度、秋田25度の見込みです。札幌は24度の予想です。湿度が高めで西日本や東日本はムシムシしそうです。風通しの良い服装でお出かけください。一方、北日本では雨が降るとひんやりしそうです。服装にお気を付けください。

日本気象協会 本社 小野 聡子

最終更新:6/19(水) 6:36
tenki.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい