ここから本文です

千葉・市原市内9万軒停電 原因不明、交通網影響も

6/19(水) 11:28配信

千葉日報オンライン

 18日午後3時50分ごろ、千葉市と市原市の広範囲で停電が発生した。東京電力によると、停電軒数は計約9万3800軒。約10分後に復旧したが、原因は不明という。この影響で道路の信号機が消灯したほか、電車が一部運転を見合わせるなど交通網に影響が出た。

 千葉中央署によると、午後4時ごろから「信号機が消えている」と通報が相次いだ。千葉市中央区の国道357号の約10カ所で信号機が消え、同署員が手信号で車を誘導した。信号機は1時間後に復旧した。

 また、同区の商業ビルでは午後3時50分ごろ、女子中学生2人がエレベーターに閉じ込められた。119番通報を受け千葉市消防局員が救助に向かったが、直後に復旧。いずれもけがはなかった。

 JR千葉支社によると、外房線千葉発茂原行き下り電車が本千葉-蘇我間を走行中、前方の状況を運転士に伝える線路脇の信号機が故障。特急を含む上下18本で最大24分の遅れが出た。

最終更新:6/19(水) 11:28
千葉日報オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事