ここから本文です

あの入手困難なクラフトジン「季の美」を京都で味わってきた

6/19(水) 7:00配信

LEON.JP

数年前からバーやカクテル業界でのビッグトレンドとなっているクラフトジンですが、ウイスキーと同様、国産はとくに品薄で人気が高く、なかには手に入りにくいアイテムもあります。国産クラフトジンの素晴らしさはどこにあるのか? 知りたい(飲みたい)! そこで今回は日本のクラフトジンを学びに(飲みに?)、一路、京都に行ってまいりました!

なぜ、京都か? それは日本初のジン専門蒸溜所「京都蒸溜所」がそこにあるから。2016年8月に操業を開始した比較的新しい蒸溜所でありながら、日本、それも京都産の素材にこだわり、伏見の水を使用したスーパープレミアムなクラフトジン「季の美 京都ドライジン」は国内外から注目を集め、いまや日本を代表するクラフトジンになりました。

おっと、本題に入る前にまずはジンとはどんなお酒か、おさらいしておきましょう。ジンとは、大麦やライ麦、トウモロコシ、じゃがいもなど穀類から造るスピリッツをベースに、ジュニパーベリー、コリアンダーシード、アンジェリカなど、ボタニカルと呼ばれるハーブ類を数種加え、再蒸留させて造られるスピリッツ。

実はクラフトジンには味や製法に関する具体的な定義は設けられておらず、ゆえに作り手の自由度が高いのが、このクラフトジンの面白いところでもあるのです。では「季の美」はどんな味わいなのか? まずは京都でいま話題のバー「レモスカトゥールバー」へ行ってまいりました。

外国人客にも大人気の「レモスカトゥールバー」で「季の美」をいただく

粋で小体な店が軒を連ねる高瀬川沿い。木屋町通りの、この辺りかな? と探しあてたら……すごい行列! 当方、表参道のアイスクリーム屋や、「ラーメン二郎」に並んだ経験はあるものの、バーに行列する日が来るとは思ってもみませんでした。しかも半数以上が海外からのゲスト。なんなんだ、このバーは。

フランス語で魔術師を意味するレモスカトゥールという店名が表すように、店主のクリストフ・ロッシ氏は元マジシャンという異色の経歴を持つバーテンダー。といってもいわゆるマジックバーとは趣を異にして、この空間、時間のすべてがマジカルなエクスペリエンスをもたらすユニークな存在です。世界的なレビューサイト「YELP」で京都のおすすめスポットNo.1になったことも海外のゲストからの爆発的な人気につながっているよう。

1/3ページ

最終更新:6/19(水) 7:00
LEON.JP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事