ここから本文です

エリザベス女王はカミラ夫人がお気に入り? 現在のふたりの関係とは

6/19(水) 17:40配信

Hint-Pot

一時、カミラ夫人を出禁にするも現在は良好な関係

 チャールズ皇太子が王位を引き継ぐとなったとき、カミラ夫人は英国の王妃となる。しかし、エリザベス女王がそれを許すのか、と話題になっている。英「エクスプレス」が報じている。

【写真】ダイアナ元妃とカミラ夫人 チャールズ皇太子二度の結婚式を比較

◇ ◇ ◇

 カミラ夫人は、前夫アンドリュー・パーカー・ボウルズとの離婚を経て、2005年にチャールズ皇太子と結婚。以降、ロイヤルファミリーの一員となっている。しかし、ふたりの関係は、もっとずっと前、チャールズ皇太子が23歳の頃にガールフレンドになったときから続いている。

 チャールズ皇太子の前妻は、ウイリアム王子とヘンリー王子の母ダイアナ元妃。

 チャールズ皇太子とカミラ夫人が結婚する前の話だが、エリザベス女王は当初、カミラ夫人と親交があったという。

 カミラ夫人の当時の夫、アンドリュー氏は、エリザベス女王の母エリザベス・ボーズ=ライアンの名付け子で、しばしばバッキンガム宮殿にもゲストとして訪れていたからだ。

 しかしながら、カミラ夫人とチャールズ皇太子の恋愛関係がささやかれた後に事態は変わり、エリザベス女王はカミラ夫人がバッキンガム宮殿を出入りすることを禁じたそうだ。

 チャールズ皇太子とダイアナ元妃が1992年に別居後、チャールズ皇太子とカミラ夫人の関係が公にならないよう、慎重に関係を続けていた。

 しかし、1997年にダイアナ元妃が悲劇的な死を遂げると、エリザベス女王の許しを得て、チャールズ皇太子とカミラ夫人は公然と交際するようになったという。

 これは、チャールズ皇太子とカミラ夫人が公にすることなく静かに交際を続けていた結果である。しかしエリザベス女王が伝えたところによると、チャールズ皇太子とカミラ夫人の関係を隠さずに公にするべきとしていたという。

 1999年に、チャールズ皇太子とカミラ夫人は、夫人の妹の50歳の誕生日パーティーにふたりで出席し関係性を正式なものにした。

 これはエリザベス女王とカミラ夫人の関係をより親密なものにし、そして、女王は2002年に開催された在位50周年を祝う「ゴールデン・ジュビリー」を含むいくつかの王室行事典にカミラ夫人も参列させたという。

 そしてついに2005年、チャールズ皇太子はカミラと結婚する許可を得て、同年に結婚式を行った。

 披露宴で、エリザベス女王は夫妻に向けて、「息子が愛する女性と幸せな家庭を築けますように」という温かなスピーチを送り、カミラ夫人に対して実の娘のように優しく接したという。

 そして過去14年間、カミラ夫人は家族の一員として高く評価されてきた。

 エリザベス女王がカミラ夫人を、チャールズ皇太子を将来のイギリス国王にするための良きパートナーとして尊重することは明らかになった。

 そしてエリザベス女王は、カミラ夫人の王室での序列を決め、ロイヤル・ヴィクトリア勲章の女性最高位であるデイム・グランド・クロスを授与した。

 それはどちらもエリザベス女王に承認されたという証とされている。

Hint-Pot編集部

最終更新:6/19(水) 18:41
Hint-Pot

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ