ここから本文です

ANAのエアバスA380型機「フライングホヌ」2号機も就航! 1号機に見送られて成田出発

6/19(水) 11:02配信

乗りものニュース

フランスから到着後、1か月で就航開始

 ANA(全日空)が、東京(成田)~ハワイ(ホノルル)線に導入した、「世界最大の旅客機」であるエアバスA380型機。その2号機が2019年6月18日(火)、成田発ホノルル行きNH184便でデビューしました。

【写真】2号機の後方に「ホヌ」1号機が!

 ANAのエアバスA380型機には「FLYING HONU(フライングホヌ:空飛ぶウミガメ)」という愛称と特別塗装が与えられており、「ハワイの空」をイメージした「ANAブルー」塗装の1号機が、5月24日(金)から週3便(成田発火・金・日)で運航を開始しています。

 そしてこのたびデビューした2号機は、「ハワイの海」をイメージした「エメラルドグリーン」塗装と「笑顔」が特徴で、5月18日(土)にエアバス社があるフランスのトゥールーズから成田空港に到着して以降、同空港を拠点に乗務員の訓練などを目的とした「慣熟飛行」を行っていました。

 今回デビューした2号機は、そばに駐機する1号機に見送られる形で20時24分、成田空港を出発しています。

 2号機の就航により、ANAのエアバスA380型機「フライングホヌ」は、6月30日(日)までは1号機または2号機を使用して週3便の運航に。7月1日(月)からは、1号機と2号機を使用して1日1便もしくは2便の運航が計画されています。

 ANAは、エアバスA380型機「フライングホヌ」を3機導入。3号機は「ハワイの夕日」をイメージした「サンセットオレンジ」塗装で、2020年にデビューする予定です。

乗りものニュース編集部

最終更新:6/19(水) 11:43
乗りものニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ