ここから本文です

【インタビュー】ソロアーティストデビュー果たす声優・逢田梨香子の“緊張しいな自分”との向き合い方

6/19(水) 16:51配信

トレンドニュース(GYAO)

「ラブライブ!サンシャイン!!」桜内梨子役などで知られる逢田梨香子が、6月19日にリリースするファーストEP「Principal」でソロ歌手デビューを果たす。声優業の他にも、写真集発売や実写CM出演などマルチに活躍する逢田。インタビューを通して見えてきた彼女の姿は、不器用でも必死に前へ進もうとするものだった。

逢田梨香子「FUTURE LINE」のミュージックビデオ配信中>>

■新しいことを始めるのには勇気がいるし、孤独を感じることもある

――これまでAqoursのメンバーとして東京ドームやNHK紅白歌合戦のステージも経験してきましたが、ソロとなると、また気持ちも変わるものですか?

「全然違いますね……! すべてが自分次第で責任重大。自分ひとりで全部やっていかなければいけない重みをすごく感じています」

――もともとソロデビューは意識していたのでしょうか?

「まったく考えていませんでした。興味がゼロではなかったんですが、自分がステージに立つ中で、アーティストさんが普段どれだけすごいことをしているかも身に染みて感じました。だからこそ、「楽しいけど大変なことだな。自分には無理かもな」と考えていたんです。それでもデビューに踏み切ったのは、「これも何かの縁だ」と感じたからですね。それにDMM music/Astro Voiceはまだ新しいレーベルのため、みんなが手探りの環境で作品を作り上げていくことが、自分に合っていると思いました」

――「Principal」の1曲目に収録されている「FUTURE LINE」は、作詞が畑亜貴さん、作曲が光増ハジメさん、編曲がEFFYさんと、逢田さんにとっても縁の深いクリエイターの方々によって制作されました。

「始まり感が強い曲で、今の自分の心境ともすごくマッチしています。この曲を通して、「頑張ってね」とエールを送られた気がして、すごく心強かったですね。この名前の並びを見て、「絶対に良い曲でしょ」と期待するファンの方も多かったみたいです。MV撮影も初めてだったので、ひとつひとつが新鮮でしたが、天候が印象に残っています(笑)。雨が降ったり止んだり、初日は天候にだいぶもてあそばれて、いきなりMV撮影の洗礼を受けたというか……(笑)。でも、いろんな私が見られるMVに仕上がったんじゃないかな」

――2曲目の「ORDINARY LOVE」は、大月琴役で出演しているTVアニメ「川柳少女」のエンディングテーマにも起用されています。

「まさか1作目からタイアップをいただけるとは思っていませんでした。作品のラストを彩る重大な役割で、緊張感がありました」

1/4ページ

最終更新:6/19(水) 16:51
トレンドニュース(GYAO)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ