ここから本文です

東京国立近代美術館がサマーフェス開催、アートとガーデン・カフェにくつろぐ ビアバーも

6/19(水) 12:22配信

アーバン ライフ メトロ

金曜夜にガイドと作品鑑賞を実施、皇居を望む庭園にカフェも出現

 北の丸公園(千代田区)にある東京国立近代美術館(MOMAT)が夏の全館イベント「MOMATサマーフェス」を7月19日(土)から10月6日(日)まで開催します。展覧会を中心に据えながら、夏ならではの特別企画として「フライデー・ナイトトーク」の開催や「ガーデン・カフェ&夏のガーデン・ビアバー」の営業、子ども向けプログラムなどを実施します。

芝生の緑が心地よいガーデン・ビアバー(5枚)

 フライデー・ナイトトークは、ガイドスタッフと参加者がトークしながら作品を鑑賞する人気プログラム、「所蔵品ガイド」を金曜の夜にも行うものです。

 毎日14時から実施している「所蔵品ガイド」は1時間で約3作品を鑑賞しますが、フライデー・ナイトトークは1作品をじっくり鑑賞します。

「当企画は、MoMA(ニューヨーク近代美術館)など世界のミュージアムでも利用されているスウェーデン製のギャラリーチェアを使うのもこだわりポイントのひとつです」(広報担当者)

 申し込み不要、参加費も無料(要観覧券)です。

 ガーデン・カフェは、レストラン「ラー・エ・ミクニ」のキッチンカーが皇居を見渡せる同館の前庭で営業。金曜と土曜のみ18時から「ガーデン・ビアバー」として、ビール、ワインなどのドリンクとともに、パスタやフライドポテトなど「ラー・エ・ミクニ」の味を、芝生の緑が気持ちよい前庭で涼みながら楽しめます。

 また、子供向けイベントとして、8月10日(土)と11日(日)に小学生対象の特別ワークショップを開催。展示室でのギャラリートークや工作などが体験できます。参加費は無料ですが、事前申込が必要です。各日10:30~12:30、14:00~16:00の2回行われます。

「MOMATサマーフェス」に先立ち、7月2日(火)より企画展「高畑勲展─日本のアニメーションに遺したもの」も開催予定です。

 こちらは、『アルプスの少女ハイジ』や『赤毛のアン』、『火垂るの墓』、『かぐや姫の物語』などを生んだアニメーション映画監督、高畑勲さん(2018年没)の回顧展(有料)です。会場外のエントランスに、写真撮影スポットとして『アルプスの少女ハイジ』に登場するアルムの山小屋を設置。さらに、7月21日(日)の14時から同展をより楽しむための講演会も催されます。

 ほかにも様々な企画を実施予定とのこと。期間中は、毎週金曜と土曜は夜9時まで開館し、夜の割引料金で観覧できます。


●「MOMATサマーフェス」開催概要
・会場:東京国立近代美術館
・住所:東京都千代田区北の丸公園3-1
・休館日:月曜日(7月15日、8月12日、9月16日・23日を除く)、7月16日(火)、8月13日(火)、9月17日(火)、24日(火)
・開館時間:火~木・日曜 10:00~17:00、金・土曜 10:00~21:00(入館は閉館30分前まで)
・アクセス:東西線「竹橋駅」1b出口から徒歩3分

ULM編集部

最終更新:6/19(水) 12:22
アーバン ライフ メトロ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事