ここから本文です

タピオカドリンクの放置ゴミに困った 飲む人のマナー向上を 名古屋・大須商店街

6/19(水) 11:31配信

中京テレビNEWS

 ゴミ箱を管理する自動販売機の業者は、衛生面だけでなく、印象を悪くしないためにも置かれたゴミは全て回収するといいますが、そこには手間と時間が…。

「きょうはまだいい方ですよ。いつもはゴミ箱の周りにすごくあふれてて。自販機の後ろとか前にも(タピオカドリンクのゴミなど) すごく置かれて、取るのが一苦労」(自動販売機の補充を行う業者)

 さらに、分別の際にも想定外のゴミが混じっていると、余分な手間がかかり、人件費が膨らむといいます。

「極力いれないでほしいですね、自販機以外の(ゴミ)は」(自動販売機の補充を行う業者)

 ため息が出てしまう人は他にも。大須にある「PG cafe」では、タピオカドリンクは扱っていませんが、店外に業務用に置いてあるゴミ箱の中には…。

「月曜日の朝に来ると、最低1個は(入ってる)」(PG cafe 大原良也さん)

 こうしたゴミを見つけるたびに、やむなく店内で片付けるというオーナーの大原さん。

 タピオカドリンクならではの手間がかかるといいます。

「やっぱりそのままは捨てられない。まずフィルムをはがす。中のタピオカは可燃ゴミに捨てる。残りはプラスチックなので絶対に分別しないといけないし、手間は他のゴミに比べてどうしてもかかりますね。困ってないワケはないですね、やっぱり」(PG cafe 大原良也さん)

 さまざまな人に片付けを強いる、タピオカドリンクの放置ゴミ。商店街では、この問題について対策を検討中だといいます。

 そんな中、取材中に出会った女性が見せてくれたのは、この日飲んだというタピオカドリンクの空き容器2つ。

Q.持って帰りますか?
「 持って帰りますね。今、問題になってるんですよ。入ったまま捨ててあったりとかしてたから、もったいないなと思って」(女性)

 家でカップとして再利用するつもりだといいます。

 大須の街から、放置されるタピオカドリンクのゴミをなくすために、飲む人が意識することが必要です。

中京テレビNEWS

2/2ページ

最終更新:6/20(木) 12:09
中京テレビNEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事