ここから本文です

「米史上最大級」の強制捜査でコカイン16トン押収 現場の空撮映像

6/19(水) 10:45配信

AFPBB News

(c)AFPBB News

【6月19日 AFP】米当局は18日、東部ペンシルベニア州フィラデルフィア(Philadelphia)の港に泊まっていた船への歴史的な強制捜査で、コカイン約16トンを押収したと発表した。推定末端価格にして10億ドル(約1100億円)を超える量。

 強制捜査はフィラデルフィアの港湾施設パッカー・マリンターミナル(Packer Marine Terminal)で行われた。

 フィラデルフィア東部地区を所管するウィリアム・マクスウェイン(William McSwain)連邦地方検事はツイッター(Twitter)に、「これは米国史上最大級の麻薬押収だ」と投稿。また、同地区連邦検事局はツイッターで「乗員らは逮捕された」とし、訴追は連邦が扱っていると表明した。

 現地メディアによると、コカインは貨物船MSCガイアン(MSC Gayane)に積まれたコンテナ7個の中から発見された。同船はチリ、パナマ、バハマに寄港した後にフィラデルフィアに着き、欧州に向かおうとしていた。

 米当局は3月にも、ニューヨークと対岸のニュージャージー州ニューアーク(Newark)にまたがる港でコカイン1.5トン近くを押収。同港では過去25年近くで最大となる押収量を記録していた。

 映像は、貨物船MSCガイアンに積まれたコンテナ。米CBSテレビが18日に撮影、提供。(c)AFPBB News

最終更新:6/19(水) 10:45
AFPBB News

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ