ここから本文です

新型“メルセデスSUV”は3列シートを初採用! エンジンラインナップも豊富に|メルセデス・ベンツ 新型GLE 発表会

6/19(水) 17:18配信

オートックワン

GLEがフルモデルチェンジ! 新型クリーンディーゼルも採用

2019年6月18日、東京都・六本木 メルセデス・ミーにて“メルセデスSUV”の中核モデル GLEの新型モデルが発表された。新型GLEは同日より発売開始、価格は940万円~1153万円(消費税込み)。

■インパネを大幅刷新! 新型GLEの内外装を画像で見る[30枚]

新型GLEの最大のトピックスは、GLE史上初となる3列目シートを採用したことだ。これにより乗車定員が7名になったほか、最大ラゲッジ容量も2,010Lから2,055Lまで拡大されたことで、より長尺物を積みやすくなった。

また新型Aクラス、Bクラスに続き、AI音声認識システム“MBUX”を搭載し、内外装デザインも刷新されている。

さらにラインナップには、GLE初となる直列4気筒クリーンディーゼルエンジンを搭載したGLE 300 d 4MATICが追加されたほか、直列6気筒クリーンディーゼルエンジンを搭載したGLE 400 d 4MATIC スポーツ、直列6気筒エンジンとISGを搭載したGLE 450 4MATIC スポーツを用意した。

本イベントには、メルセデス・ベンツ日本 代表取締役社長 上野 金太郎氏、営業企画部 商品企画2課 マネージャー マニュエル・テロネス氏に加え、アンバサダーとしてプロサーファーの大野 修聖氏が登壇した。

外装はラグジュアリー×スポーティに

新型GLEの外装は、長いホイールベースと短いオーバーハング、ボディ幅いっぱいまで張り出された大径ホイールによってワイルドな印象を強調している。

またフロントは、クローム仕上げのアンダーガードとパワードームを備えたボンネットがSUVとしての存在感を強調したほか、ヘッドライトには2本のLEDポジショニングライトを採用したことで、より印象的な顔つきとなった。

内装はより上質かつ先進的なデザインに刷新

新型GLEの内装は、先進的かつスタイリッシュなデザインに仕上げられた。なんといっても目立つのは、ダッシュボードに搭載された2画面の12.3インチディスプレイだ。
また2画面を1枚のガラスバーで融合していることで、ドアパネルまでの流れるような美しいシルエットを実現している。

さらにセンターコンソールの左右に、大きなグラブハンドルを装備したほか、前席には温冷機能付きカップホルダーを採用するなど、大幅に進化を遂げている。

1/3ページ

最終更新:6/19(水) 17:18
オートックワン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事