ここから本文です

子どもが産まれたら考えたい。 一番簡単な保険選び

6/19(水) 19:10配信

ファイナンシャルフィールド

子どもが産まれると、学資保険やガン保険など、さまざまな保険への加入を検討する方が多いと思いますが、実際のところ、どんな保険に入るのが良いのでしょうか。今回は、特に小さなお子さんがいるご家庭に、ピッタリな保険選びについてご紹介します。

みんなはどのくらい保険に加入しているの?

まずは、現在の日本の保険の加入状況をチェックしていきましょう。生命保険文化センターの調査(※)によると、生命保険の世帯加入率は88.7%となっています。

さらに、かんぽ生命を除く、民間保険に加入している世帯のうち、特定の保障機能を持つ生命保険や特約の世帯加入率は、以下のとおりとなっています。

医療保険・医療特約:88.5%
ガン保険・ガン特約:62.8 %
特定疾病保障保険・特定疾病保障特約:39.6%
特定損傷特約:22.8%
疾病傷害特約・重度慢性疾患保障特約:12.4%
介護保険・介護特約:14.1%
通院特約:35.0%
生活障害・就業不能保障保険、生活障害・就業不能保障特約:12.0%

これを見ると、医療保険やガン保険に加入されている割合が高いことが分かりますね。自分たちの家庭状況に応じて、さまざまな内容の保険に加入しているご家庭が多いようです。

では、小さなお子さんがいるご家庭では、どのような保険に入るのが良いのでしょうか。具体的に、保険の種類についてチェックしていきましょう。

どんな保険があるの?

まず、子育て世帯において、よく知られているものとしては、学資保険が挙げられます。

これは、子どもの子供の入学時や進学時には祝金や満期保険金を受け取ることもできる、将来の教育資金を準備するための貯蓄型の保険で、契約期間中に、契約者である親が亡くなった場合、それ以降の保険料の支払いが免除され、満期保険金を受け取ることができるという特徴があります。

途中解約をすると、元本割れをする場合があるので、注意が必要です。

また、家計を支えている人が働けなくなった場合の家計の収入をカバーする保険として、就業不能保険というものもあります。

人が働けなくなる理由は、怪我や病気など、さまざまなケースが考えられますが、各保険で定められているルールのもと、一定期間働けなくなった場合に、給付金が支払われます。

保険金および給付金は、病気の治療費に使ったり、子どもの学費に充てたり、毎日の生活費を補ったりと、自分たちで自由に使い方を決めることができるので、家族にとっては使いやすい資金ですね。

ただし、保険金および給付金が支払われない免責期間が設けられていたり、うつ病など精神疾患では給付金が支払われないケースもあるなど、注意点を確認するようにしましょう。

1/2ページ

最終更新:6/19(水) 19:10
ファイナンシャルフィールド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ