ここから本文です

赤坂にNY発のベーカリー「THE CITY BAKERY」、併設レストランのランチは焼きたてパン食べ放題!

6/19(水) 12:39配信

アーバン ライフ メトロ

工房からパンが続々、日本初出店のレストランもオープン

 ベーカリー、レストラン、パン工房の3つを兼ね備えた THE CITY BAKERY STUDIO TOKYO(ザ シティ ベーカリー スタジオ トーキョー)が、赤坂アークヒルズにグランドオープンしました。

お代わり自由の「パン盛り合わせ」(9枚)

 THE CITY BAKERYは、1990年にニューヨークのユニオンスクエアで開業した米国発祥のベーカリーです。日本には2013年に初上陸。現在、全国に11店舗展開しており(改装休業中含む)、赤坂アークヒルズ店は最大数の品揃えだそうです。

 店内から見えるガラス張りの「KOBO(工房)」のなかには、たくさんのパンがところ狭しと並び、思わず手を伸ばしたくなるほど。人気のプレッツェルクロワッサンをはじめ、ニューヨークの味そのままに再現したというパンの数々、旬の素材を使った季節のパン、さらに赤坂アークヒルズ店限定のパンも用意。ニューヨーカーには欠かせないホットチョコレートはじめ、ドリンクメニューも豊富です。

 併設のTHE CITY BAKERY日本初出店のレストラン「THE CITY BAKERY BRASSERIE RUBIN(ブラッスリー ルービン)」でも、THE CITY BAKERYのパンが堪能できます。モーニングセット、ランチセット、ディナーメニューとほぼ1日中利用可能です。KOBOで焼き上げたパンが次々とレストランに運ばれてくるのも、当レストランの大きな特長といえるでしょう。

 モーニングセットは8種類あり、ヘルシーなサラダセットやTHE CITY BAKERYのパンを使ったフレンチトーストなど、バラエティー豊かです。一例を挙げると、中東の朝食メニュー「シャクシュカ」(1000円)は、サルシッチャ(肉の腸詰)入りのトマトソースに卵を乗せてオーブンで焼き上げます。全粒粉使用の厚切りトースト付きで、プラス200円でドリンクセットにできます。

「マッシュルーム、ほうれん草のスモーブロー」(1300円)は、デンマーク伝統料理のオープンサンド「スモーブロー」をアレンジ。パンの上にマッシュルームクリームソース、ソテーしたほうれん草と舞茸、ポーチドエッグなどを乗せて提供します。

1/2ページ

最終更新:6/19(水) 13:33
アーバン ライフ メトロ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事