ここから本文です

胸キュンどころか赤面!? セレブのプロポーズ秘話3

6/19(水) 21:40配信

ELLEgirl

ハリウッドスターのプロポーズといえば、エッフェル塔を貸し切ったり、オーケストラを準備したり、花火を打ち上げたり、とにかく豪華でロマンチックなイメージ。だけど、作戦が失敗してしまったことも! プロポーズが思うようにいかず、赤っ恥をかいたセレブたちの珍エピソードをご紹介。

【写真】美しすぎる世界の歴代ロイヤルウエディング27選

ジョージ&アマル・クルーニー

年齢を重ねるごとにダンディさが増しているジョージ・クルーニー。そんな彼でも計画が失敗をする時だってある。プロポーズ当日、ジョージはアマルのためにラブソングのプレイリストを作成し、準備万全でスタンバイ。「でも彼女はそのタイミングで食器を洗いにいき、なかなか戻って来なかったんだ。なぜこのタイミングで?!って思ったけど、何も言わずに待っていた」とジョージはエレン・デジェネレスのトーク番組で語っている。

それからアマルが部屋に戻ってくるとジョージは「キャンドルが消えちゃったから、後ろにある箱からライターを取ってくれないか」と迫真の演技。そしてその箱を開けたアマルは、中に婚約指輪を発見! ところが、指輪を見たアマルは喜ぶどころか『あれ誰かの指輪が入ってるわよ』とまさかの勘違い......。それに気づいたジョージは慌てて片ひざをつき、結婚を申し込んだのだそう。

プロポーズ決行からそこに至るまでの時間は、なんと25分。「プレイリストを流していたから、どのくらいの時間がかかったのか、すぐに分かった。そして彼女に正式にプロポーズし『答えがYESだと嬉しい。でももう52歳だし、そろそろ腰も悪くなるから、返事は早めに欲しい』と伝えたんだ」。

ウィル・スミス&ジェイダ・ピンケット・スミス

ウィルほどの大スターであれば、マライア・キャリーが体験したようなドラマチックな演出や35カラットの婚約指輪が期待できそうだけど、現実はまったく真逆! なんと自宅のベッドでくつろいでいる時に突然プロポーズしたのだそう。「いつものようにベッドに入り、ちょうど寝るところだった。横にいる彼女を見て『結婚してもうまくいきそうだね。ワサップ?このまま結婚しちゃう?』って聞いたんだ。計画的ではなかったし、指輪もなかった。いわゆる典型的なプロポーズではなかったけど、彼女はYESと言ってくれたよ。僕たち夫婦は少し変わっているのかもしれないね」とウィルは米『ピープル』誌に話している。それにしてもワサップって(笑)ジェイダはウィルのユーモアのセンスにも惹かれたのかも。

1/2ページ

最終更新:6/19(水) 21:40
ELLEgirl

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ