ここから本文です

メルセデス・ベンツ新型「GLE」3列シートSUVに進化 新開発の四駆システム搭載

6/19(水) 14:40配信

くるまのニュース

EクラスファミリーのSUV「GLE」がフルモデルチェンジ

 メルセデス・ベンツのSUV「GLE」がフルモデルチェンジして、2019年6月19日より受注を開始しました。

7人乗れるSUVに進化! メルセデス・ベンツ新型GLEの画像を見る(33枚)

 1998年に前身の「Mクラス」がデビューしてから同社SUVの中核モデルを担ってきましたが、2015年10月にGLEに名称を変更。「Eクラス」をベースとしたプレミアムSUVとして、さらに進化しました。

 4代目となる新型GLEはプレミアムSUVとしての特徴を継承しつつ、内外装のデザインを一新するとともに、最新技術と装備を搭載しています。

 ホイールベースが先代より80mm延長されたことで、居住性と積載性が向上。GLEとして初の3列シート7人乗りとしたほか、ラゲッジスペースも大幅に拡大しました。

 さらに、新型Aクラスから順次導入されている対話型インフォテインメントシステム「MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザー エクスペリエンス)」や最新の安全運転支援システムを備えています。

 ラインナップは、GLEとして初の4気筒ディーゼルエンジンを搭載した「GLE 300 d 4MATIC」、直列6気筒クリーンディーゼルエンジン搭載の「GLE 400 d 4MATIC スポーツ」、直列6気筒ガソリンエンジンと「ISG」を搭載した「GLE 450 4MATIC スポーツ」が用意されました。なお、トランスミッションは全モデルで「9G-TRONICオートマチックトランスミッション」としています。

 駆動方式は全車が四輪駆動の「4MATIC」ですが、「GLE 300 d 4MATIC」には前後50:50の固定トルク配分の4MATIC、「GLE 400 d 4MATIC スポーツ」と「GLE 450 4MATIC スポーツ」には前後100-0%から0-100%の連続可変のトルク配分を行うことでオンロードとオフロードの性能をより高いレベルで両立させた新開発の4MATICが採用されました。

 価格(消費税込)は940万円から1153万円で、納車は「GLE 450 4MATIC スポーツ (ISG搭載モデル) 」は2019年6月19日から、「GLE 400 d 4MATIC スポーツ」が8月以降、「GLE 300 d 4MATIC」が11月以降の予定です。(10月以降納車予定のモデルの消費税は10%)

くるまのニュース編集部

最終更新:6/19(水) 14:40
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ