ここから本文です

久保の獲得に成功したレアル 補強候補の獲得は“難航中“

6/19(水) 11:55配信

SPORT.es

レアル・マドリーの補強候補のうち、クリスティアン・エリクセンなどの数名の加入が危ぶまれている。

ネイマールを見放すPSG会長 エムバペは「200%残る」

デンマーク代表エリクセンは、マドリーとの交渉がなかなか進まないことに苛立ちを感じ、トッテナム・ホットスパーFCとの契約更新を宣言している。一方でトッテナムはベティス所属MFジオヴァニ・ロ・チェルソに目をつけており、もしチェルソがトッテナムに加入すればエリクセンが離脱する可能性が高いだろう。いずれにせよ、ベティスの希望する移籍金はトッテナムのオファーの倍(8,000万ユーロ:約97億円)となっている。

またジダンがジョレンテの後任として欲しがるオリンピック・リヨン所属のタンギ・エンドンベレ獲得交渉もスムーズに進んでいない。

一方でキリアン・エムバペのマドリー移籍の可能性はほぼ無いと言える。PSGはこのフランスサッカー界の若きホープを売却するつもりは微塵も無いためだ。会長ナセル・アル-ケライフィは「エムバペはここに200%残る」と断言している。

(文:SPORT)

最終更新:6/19(水) 11:55
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事