ここから本文です

ルノーが議案「棄権」から賛成へ “人事案”修正受け

6/19(水) 15:37配信

FNN.jpプライムオンライン

FNN.jpプライムオンライン

株主総会の議案をめぐって対立していた日産自動車とフランスのルノーが、歩み寄ったことがわかった。

日産は、ゴーン元会長の事件を受けて、社外取締役が中心となって報酬や人事などを決める「指名委員会等設置会社」に移行する議案を、25日の株主総会に諮る。

当初は、新設される委員会にスナール会長のみ起用する方針だったため、ルノー側は、ボロレCEO(最高経営責任者)を入れなければ、議案の採決を棄権する意向を示していた。

これに対し、日産が、3つの委員会に加え、経営課題などを洗い出す「戦略委員会」を新設して、いずれかでスナール、ボロレ両氏を起用する案を示したことから、ルノー側も、議案に賛成する考えに転じたという。

FNN

最終更新:6/19(水) 15:37
FNN.jpプライムオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事