ここから本文です

丸山桂里奈「ドイツW杯ではホテルから出られなかった」海外仰天エピソードを披露

6/19(水) 20:41配信

TOKYO HEADLINE WEB

 オンライン総合旅行プラットフォーム最大手エアトリのイベント、「エアトリ杯~格安旅行de夏休み~」が都内で行われ、お笑いコンビANZEN漫才のみやぞんと、あらぽん、元サッカー女子日本代表の丸山桂里奈が出席。丸山がドイツW杯時に「サポーターが怖くて外に出られなかった」と舞台裏を明かした。

丸山桂里奈「ドイツW杯ではホテルから出られなかった」海外仰天エピソードを披露

「エアトリ杯~格安旅行de夏休み~」は、現在開催中のサッカー女子W杯フランス大会や、南米選手権にちなんで、「旅行」と「サッカー」をテーマに行われ、サッカー日本代表として、数々の海外遠征を経験した丸山と、ロケで海外を渡り歩くみやぞんらが海外仰天エピソードを繰り広げた。

 イベントに出席した丸山は、キャビンアテンダントのユニフォームで登場。冒頭、夢だったという「アテンションプリーズ! まもなく離陸します。座席はお立ちになってください」と、ユニークな(?)機内アナウンスを披露。あらぽんから「離陸するときは立っちゃダメですよ」とつっこまれ、会場を沸かせた。一方のみやぞんは、機長姿。「機長のみやぞんでございます。高度1000フィート行きまして…あ、ご着席願えればと思います」と、たじたじの姿でパイロットのものまねを披露した。

 海外遠征で数多くの国に行った経験をもつ丸山。一番印象的な国は、2011年のサッカーW杯で行ったドイツだといい、試合前日に観光したケルン大聖堂の写真を公開した。翌日の準々決勝では、日本の勝利で開催国のドイツが敗退。シュートを決めた丸山は、過激なサポーターから襲われる危険があるため、「外に出るなと言われてた。帰国まで、ホテルと試合会場との行き来だけだった」とエピソードを明かした。ホテル内では、ネイルを楽しんでいたといい、写真も公開。「川澄(奈穂美)選手が、私の両親のイニシャル入りのネイルアートをしてくれた。外には出られなかったけど、けっこう楽しんでいた」と、滞在中の様子を語った。

 一方、みやぞんはブラジルを紹介。リオデジャネイロの歩行者天国で撮ったという、ド派手なカーニバル衣装の写真を公開し、あらぽんから「咲く前のタンポポみたい」とつっこみを受けた。「ブラジルでは、盛り上がっているところに行けば、こういう人がいっぱいいるんじゃないかと思ったら、僕以外誰もいなかった」とロケでの残念なエピソードも語り、会場を笑いに包んだ。

 イベントでは、夏休みの旅行をかけたサッカー的当て対決も。「国内宿」「ハワイ」「韓国」などの豪華プレゼントが並ぶなか、最も豪華な「エアトリ杯」は、次回CMに大抜擢という太っ腹。トップバッターのみやぞんは、力強い右足シュートで韓国旅行をゲット。あらぽん、丸山はゲットならず、丸山は「トレシューだったら、絶対決まってる!」と悔しさをにじませた。

 イベント後の囲み取材では、現在開催中のサッカーW杯についてのコメントも。現在の代表選手は、「ひとりひとり技術や能力が高い。頭のいい選手が多いので、試合ごとに成長しているチームの姿が見られるのでは」と語った上で、「私たちの時は、イングランド戦で負けてる。今回はそのリベンジをかけてぜひ頑張ってほしい」とエールを贈った。

最終更新:6/19(水) 20:41
TOKYO HEADLINE WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事