ここから本文です

3分でわかるホルムズ海峡問題、大きな戦争に発展しかねない理由

6/19(水) 15:20配信

ロイター

 ペルシャ湾とオマーン湾の間にあるホルムズ海峡――。海上交通の要衝であるこの海を巡って、イランと米国およびその同盟湾岸諸国との間で緊張が続いている。

 ホルムズ海峡は長年、対立の舞台となってきた。過去を振り返れば、ここがいかに危険な場所かわかる。

 なぜホルムズ海峡は緊張を招くのか。

<海上交通の要衝>

 世界で輸出される原油の5分の1に当たる毎日1700万バレル以上が、ペルシャ湾とオマーン湾をつなぐこの海域を通過する。

 ひとたびここで事件が起これば、原油価格は急騰する。それだけに大混乱ともなれば、関係国の経済に打撃を与えかねない。

 イランやラブ首長国連邦(UAE)、サウジ、イラクといった石油輸出国機構(OPEC)加盟国は、ここを経由して原油を輸出している。

<狭い海峡に多くの兵器>

 ホルムズ海峡の対岸との幅は最も狭い地点で約34キロ。だが船が航行可能な範囲はわずかに3キロほどの幅しかない。

 そしてここが、「海の検問所」だ。

 イランは沿岸に、ミサイル部隊や機雷、高速艇などを多数配備している。

 その対岸にはサウジ部隊と米海軍がにらみを利かせる。バーレーンに拠点を構える米海軍第5艦隊は、海路の保護を主な任務としている。

  戦いの舞台となったことも。

 1980年代のイラン・イラク戦争では、互いの国の石油関連施設が攻撃対象になった。タンカーも例外ではなかった。

 また1988年には米国とイランの艦艇の間で交戦した。さらに同年、米艦がイランの旅客機を誤射し乗客ら約300人が死亡する事件も発生した。

 その後数十年間は、武装勢力による威嚇行為や断続的な攻撃にとどまっている。だが、ここでの対立はより大きな事態に発展する危険を常にはらんでいる。

<世界の火薬庫・中東>

 アラビア半島を巡り、米・サウジとイランの代理紛争が続いている。これらの国々の指導者が自制しても、偶発的な衝突が発生する危険性がある。

 例えば米国が、サウジやイスラエルのタカ派を抑えきれない可能性もある。またイランが支援するイラクやイエメンの民兵組織が暴走することもありえるし、偶発的な戦闘の可能性も残る。

 つまり米・イラン双方が戦いを望んでいないとしても、戦争に巻き込まれる可能性がある。そしてひとたび発火すれば、瞬く間に地域一帯に広がりかねないのだ。

最終更新:6/19(水) 22:00
ロイター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事