ここから本文です

世界6位ケルバー 芝の初戦突破「今のところはいい感じ」<女子テニス>

6/19(水) 20:35配信

tennis365.net

マヨルカ・オープン

女子テニスのマヨルカ・オープン(スペイン/マヨルカ、芝、WTAインターナショナル)は18日、シングルス1回戦が行われ、第1シードのA・ケルバー(ドイツ)が予選上がりで世界ランク118位のY・ボナベンチャー(ベルギー)を7-5, 4-6, 6-2のフルセットで下し、初戦突破を果たした。

【涙ケルバー、セリーナを称賛】

この試合、昨年のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)で3度目の四大大会優勝を果たしたケルバーは、16本のウィナーを決める。ボナベンチャーのサービスを6度ブレークし、1時間46分で今季初の芝での試合を制した。

女子プロテニス協会のWTAは公式サイトで、世界ランク6位のケルバーのコメントを掲載しており「長い間、試合をしっかりプレーできていなかった。練習と試合はもちろん違うもの。今は芝でプレーしているが、実は3日間しかこのサーフェスで練習できていない」と語った。

「だから感覚としてはまだ自然な感じではない。でもこれは初戦。今のところはいい感じだし、ここからの芝でのシーズンを楽しみにしている」

2回戦では、世界ランク85位のM・シャラポワ(ロシア)と対戦する。約5カ月ぶりの公式戦となったシャラポワは1回戦で、同46位のV・クズモワ(スロバキア)をストレートで下しての勝ち上がり。

ケルバーは「面白い試合になると思う。互いに最初の芝の大会だし、何度も対戦しタフな試合をしている。私たちにとっても、観客や大会にとってもいい試合になると思う」と述べた。

同日の1回戦では第2シードのA・セバストバ(ラトビア)、第5シードのA・アニシモワ(アメリカ)、第6シードのC・ガルシア(フランス)らが2回戦へ駒を進めた。

最終更新:6/19(水) 20:35
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事