ここから本文です

玉木氏「年金積立金は36年後に枯渇」安倍首相「私も反論させて」(党首討論・発言詳報)

6/19(水) 21:10配信

BuzzFeed Japan

国会では6月19日午後、安倍首相と野党党首の党首討論が開かれた。国民民主党の玉木雄一郎代表は、枝野氏に続き金融庁の金融審議会の報告書を念頭に討論した。【吉川慧 / BuzzFeed Japan】

公的年金制度の健全性をチェックする財政検証に触れて、「5年前の財政検証の最低のケースがいまの経済実態に近い。このままでは36年後に積立金が枯渇する」と主張した。財政検証は5年に1度、発表される。

これに対し、安倍首相はマクロ経済スライドの有用性を強調し、公的年金制度が持続できるものであると説明した。

安倍首相と玉木氏の討論時間は14分。発言は玉木氏が3回、安倍首相が2回。やりとりは2往復だった。

討論の詳細は以下の通り。

玉木氏「報告書の拒否はガバナンス上問題」

玉木1:一部報道で、総理が「金融庁は大バカ者」と激怒したと報じられているが事実か。

安倍1:私はめったに激怒しない人間として、自由民主党では、だいたいこう理解されている。温和に、円満に生きているつもりであります。

大切なことは、国民に誤解を与えないそういう資料を作ることではないかと思っています。

玉木2:金融庁の本来の大臣は内閣総理大臣。総理、報告書あるのでお渡しするから読んでください。忙しいと思うので全部付箋つけてきましたから読んでください。まっとうなことが書かれている。

今回、麻生さんが受け取らないと言ったのはまずい。行政のガバナンスとして。専門家も事務局としてとりまとめた金融庁の役人のかたも一生懸命まとめたと思う。諮問したのは麻生大臣だ。

頼んでおいて、出てきたら受け取れないと。こんなことやっていたらやってられないということになりますよ。

ますます行政のガバナンスが衰えていくので、その意味でもしっかり受け取って。

総理に伺う。100年安心、これは色々な意味が込められて与野党政治家が話すが、基本的には100年間制度が安定的に保たれるということ。積立金が、101年目に1年間の支払いが残っている。

そのために少子高齢化に合わせて自動減額の仕組みを入れて、なんとか制度を維持しようという仕組み。

総理は年金制度の持続性は担保されていると何度も答弁されているが、その根拠がわからない。何を持っていっているのか。

5年前の財政検証がもしその理由なら、それは崩れていると思う。

総理に伺うが、新しい財政検証をなぜ速やかに出さないのか。これが出てこない限り、今の最新の年金制度の安心が保たれているかどうかは判断できない。

それとも総理はこっそり、我々は見ていないが、総理は見た上で100年持ちそうだと答弁されているのか。総理もまだ見ていないのか。

1/3ページ

最終更新:6/19(水) 23:17
BuzzFeed Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ