ここから本文です

フェイスブックの仮想通貨「リブラ」 早わかりQ&A

6/19(水) 11:07配信

ウォール・ストリート・ジャーナル日本版

 米フェイスブックは新たに発行する仮想通貨(暗号資産)「Libra(リブラ)」について、初めて詳細を公開した。今のところ明らかになっている情報を以下にまとめる。

<リブラとは何か>

 リブラとは、フェイスブックが来年発行する予定の暗号通貨だ。暗号通貨とは、情報を保護する暗号技術を用いたデジタル通貨のことを意味する。

 フェイスブックのチャットアプリ「メッセンジャー」や「ワッツアップ」、あるいはダウンロードした独立型アプリを使うユーザーは、デジタルウォレットでリブラにアクセスできるようになる。ブロックチェーン(分散型台帳)技術を用いた仮想通貨ビットコインの代替となるもので、フェイスブックはそれよりも幅広く利用されることを期待している。

 古代ローマでは、重量の単位としてリブラが用いられた。

<そもそもブロックチェーンとは?>

 ブロックチェーンは広範なコンピューターネットワークに分散されているデジタル台帳の一種で、高度な数学的演算で作動する。広く共有される巨大なスプレッドシートのようなものだ。誰かが金融取引の記録を入力するなどしてスプレッドシートを更新するたびに、他の全てのユーザーも変更を確認することができる。このため、理論上は透明性がもたらされ、情報もしくは資金の流れを単一の中枢的な情報源がコントロールするのを防ぐ仕組みとなっている。

<フェイスブックはなぜ参入するのか>

 フェイスブックはリブラによって、銀行口座を持たない人々や、海外に送金する余裕のない世界の何百万という人々に最低限の金融サービスを提供することができるようになると説明している。融資を得ることができないない中小企業も支援することができるとしている。

<ユーザーのデータは安全か>

 フェイスブックは当局の規制を受ける子会社「カリブラ」を設立する。カリブラは新通貨へのアクセスを提供し、フェイスブックがプラットフォーム上で利用するその他の「ソーシャル」データから金融データを分離する。

<ビットコインのように価格が変動するのか>

 フェイスブックによると、リブラは実際の銀行口座や政府短期証券など、現金に近い実物資産を裏付けとしているため、それほど変動しない。

<フェイスブックが新通貨を管理するのか>

 暗号通貨ネットワークはフェイスブックとコンソーシアム(企業連合)をなす20数社余りの創設パートナーによって管理される。フェイスブックはこの企業連合をさらに拡大したいと考えている。フェイスブックは2019年いっぱいカリブラを主導するが、いずれ企業連合がその役割を引き継ぐ。

<ブロックチェーンは非中央集権型のはずでは?>

 フェイスブックはこのネットワークについて「時間と共に分散化の度合いを高める方向へ進む」としているが、その方法について詳細は明らかにしていない。

<フェイスブックのパートナーは?>

 米決済大手マスターカードやペイパル・ホールディングス、ウーバー・テクノロジーズのほか、スポティファイ・テクノロジーもリブラを管理する企業連合に参加している。フェイスブックは将来的に参加企業を100社に増やしたい考えだ。

<リブラでコーヒーを買えるようになるのはいつか>

 フェイスブックによると早ければ来年には可能になるが、地域によって異なる。リブラはおそらく、まず数カ所でのみ入手可能となる。発行当初は1秒当たり1000件の決済取引しか扱わない予定だ。これと比べ、米ビザは、1秒当たり約2万4000件の取引を決済することができる。中国の電子商取引大手アリババグループの電子決済サービス「支付宝(アリペイ)」は、2017年の繁忙期に1秒当たり25万件超を処理していた。

 一方、ビットコインは1秒当たりわずか7件の取引しか処理することができない。

By Parmy Olson

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事