ここから本文です

拳銃らしきもの手に・・・住宅街歩く姿が防犯カメラに 交番襲撃直後の飯森容疑者か

6/19(水) 18:42配信

ABCテレビ

大阪・吹田市の拳銃強奪事件で、容疑者の男が拳銃らしきものを手に住宅街を歩く姿がカメラにとらえられていました。

左手に拳銃のようなものを握り、住宅街を足早に歩く男。銃口らしきものを前に向け、辺りを気にする素振りも・・・。男の特徴や服装から、交番で警察官を襲撃した直後の容疑者とみられます。飯森裕次郎容疑者(33)は16日、大阪府吹田市の交番の前で、古瀬鈴之佑巡査(26)の胸などを包丁で刺し、拳銃を奪った疑いがもたれています。この映像は、事件から約10分後の北西に600メートルほど離れた吹田市千里山西5丁目の住宅街に設置された防犯カメラがとらえたものです。この映像が撮影された直後、複数の住民らが発砲音のようなものを聞いていました。「突然、パンという破裂音ですか、乾いた音ですね。ふだん聞かないような音」「ちょっと異様な音でしたね、聞いたことがない音だったので」。飯森容疑者が翌朝に逮捕された際、所持していた拳銃には実弾5発のうち、4発しか残っていませんでした。警察は、飯森容疑者が付近で拳銃を1発撃ったとみて銃弾を捜索しています。

ABCテレビ

最終更新:6/19(水) 19:23
ABCテレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事