ここから本文です

『なつぞら』広瀬すずの服装に『半分、青い。』 こっそり仕込まれた朝ドラネタが話題

6/19(水) 11:34配信

クランクイン!

 広瀬すず主演のNHK連続テレビ小説『なつぞら』(NHK総合/月曜~土曜8時ほか)の第12週「なつよ、千遥のためにつくれ」(第69回)が19日に放送され、川島明演じる先輩アニメーター・下山のスケッチブックに書き込まれた“小ネタ”に、視聴者から「絶対狙ってる(笑)」「ニヤリとしてしまった」などのツイートが寄せられた。

【写真】“半分、青い。”広瀬すずのファッションをチェック


 千遥への不安を抱えながら出社したなつ。下山は日課になっているなつの服装のイラストを書いていると、そこに昼食を持って撮影所の中庭へと向かうなつが通りかかる。下山は今日のなつの服装を不思議に思い、スケッチブックの過去のページを遡る。この描写にネット上には「服装チェック、キター」「洋服のチョイスで何かあったのわかる下山さん。でも怖いよ(笑)」などの声が寄せられた。

 スケッチブックを遡っていると、この日の服装が7月30日(注:劇中での日付)のものと同じであることが判明。その日に書かれたイラストには、青いカチューシャと青いスカーフ、そして青いスカートを着て笑うなつの姿が描かれている。そこには文字で“さわやか奥原女史 半分、青い。”と添えられていた。

 スケッチブックの7月30日のページが時間にしてわずか5秒ほど映し出されると、SNS上には「下山さんのスケッチに『半分、青い。』って書いてあった」「何か『半分、青い』って書き込んでいたのが見えたけど?」「なっちゃんのコーデのタイトル、『半分、青い。』」などの指摘が殺到。2018年4月から放送された永野芽郁主演のNHK連続テレビ小説『半分、青い。』のタイトルが引用されたこのシーンについて、視聴者からは「『半分、青い。』絶対狙ってる(笑)」「こんなところにも朝ドラの小ネタ」「ニヤリとしてしまった」「製作者側の遊び心が秀逸」などのツイートが多数投稿されていた。

最終更新:6/19(水) 11:58
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ