ここから本文です

楽天連勝!森原好リリーフ後に辰己V打 阪神はサヨナラの好機逸し5連敗

6/19(水) 22:25配信

ベースボールキング

● 阪神 4 - 9 楽天 ○
<2回戦・甲子園>

 楽天が延長10回に一挙5得点。連勝でリーグ首位の座をガッチリと守り、交流戦は8勝5敗で最高勝率の可能性も見えてきた。

 楽天は先発の美馬が3回4失点で降板。序盤から追いかける展開になったが、4番・ブラッシュが1打席目に19号ソロ、3打席目には左前適時打を放つなど、5回までに4-4の同点に追いついた。

 4回以降は救援陣が無失点リレー。同点のまま迎えた9回は6番手・高梨が一死一、三塁のピンチを作ったが、代わった森原が完璧救援。力勝負で4番・大山を遊ゴロ、続くマルテもニゴロに仕留め、サヨナラの大ピンチを凌いだ。

 すると直後の10回表、楽天は無死満塁の好機を作り、7番・辰己の中前適時打で勝ち越し。その後も1番・茂木が2点適時二塁打、2番・島内は2点適時打を放ち、一気に9-4と阪神を突き放した。5点差の10回裏は守護神・松井が3者凡退締め。好リリーフの森原が今季初勝利を手にした。

 阪神は引き分けを挟み5連敗。同点の9回はサヨナラの絶好機を迎えたが、大山、マルテが凡退し勝ち切れなかった。10回は救援陣が一挙5失点。ピンチを作り降板した6番手・守屋は、倉敷での前夜に続き2戦連続で黒星を喫した。

BASEBALL KING

最終更新:6/20(木) 22:38
ベースボールキング

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/16(火) 17:00

あなたにおすすめの記事