ここから本文です

サザンオールスターズはどうして国民的バンドと呼ばれるのか?『バラッド3 ~the album of LOVE~』収録曲の私的一考察

6/19(水) 18:02配信

OKMusic

6月15~16日、東京ドームでの2日間の公演を以て、サザンオールスターズの全国ツアー『“キミは見てくれが悪いんだから、アホ丸出しでマイクを握ってろ!!”だと!? ふざけるな!!』が無事終了。デビュー40周年をきっちりと締め括った。当コラムでは、本ツアーがスタートする直前から3週連続で彼らの名盤(『熱い胸さわぎ』『人気者で行こう』『Young Love』)を紹介してきたが、ツアーの大団円を記念して、今週はサザン名盤紹介の番外編をお届けしたいと思う。私的“サザンオールスターズ=国民的バンド”論。

いつから、どうして“国民的バンド”に?

今回は、3月13日付けの当コラムで『熱い胸さわぎ』を取り上げた際、その中で触れた“サザンオールスターズ(以下サザン)=国民的バンド”問題に決着を付けたい。“サザン=国民的バンド”問題とは、サザンはいつから“国民的バンド”となり、また何を以て“国民的バンド”と言われるようになったのか…である。
視聴者投票によってスナック菓子やアイスクリームのランキングを決定するTVのバラエティ番組がある。あんな風に“国民○万人がガチで投票! バンド総選挙”なるものがあったとして、そこでサザンが1位になっていたのなら、まだサザンが“国民的バンド”であることに少しはうなずけよう。しかし、ご承知の通り、過去にそんなことはなかったわけで、我々は何の裏付けがないまま、“サザン=国民的バンド”と呼んでいる。いや、そう呼ばせられてると言ってもいいかもしれない。
『熱い胸さわぎ』の回では、セールス面においてサザンを上回るバンドはいくつもあること。それほど多くの全国ツアーを行なってきたバンドではないこと。さらには、サザン自体、バンドとしての休止期間も長く、案外コンスタントに活動していないこと。それらのことから、そうしたバンドを“国民的”と位置付けていいものかと難癖を付けた。ほとんど言いがかりの類いであることは承知だが、とは言え、そう考えてしまうともはや納得もいかぬ。納得のいかないままでは気持ち悪いというわけで、自分が吐いた難癖に自らがその根拠を示そうと相成った。その酔狂なお遊びに、しばしお付き合いいただければ幸いである。

1/4ページ

最終更新:7/2(火) 12:18
OKMusic

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事