ここから本文です

【MLB】大谷翔平、3打席無安打 2017年WBCのMVPストローマンの前に苦戦…

6/19(水) 9:30配信

Full-Count

「3番・DH」で7試合連続スタメン出場

■ブルージェイズ – エンゼルス(日本時間19日・トロント)

 エンゼルスの大谷翔平投手は18日(日本時間19日)、敵地ブルージェイズ戦に「3番・DH」で7戦連続でスタメン出場。初回の第1打席は遊ゴロ、第2打席は投ゴロ併殺打、第3打席は二ゴロに倒れた。

【動画】鮮やか逆方向へ打球速度161キロの豪快弾! 4試合ぶりに放った大谷翔平の9号3ランホームラン

 ブルージェイズのこの日の先発はマーカス・ストローマン投手。2014年に11勝、2017年には13勝と2度の2桁勝利をマークし、2017年のWBCでは大会MVPとなった右腕だ。初回、ラステラ、トラウトと相次いで凡退し、2死で打席へ。2ボール2ストライクからの6球目のカットボールを打ち、遊ゴロに終わった。

 4回、先頭のトラウトが四球を選び、無死一塁で第2打席へ。初球はファール。2球目、3球目は高めに外れてボール。2ボール1ストライクで迎えた4球目、インハイのカットボールに詰まらされ、投ゴロ併殺打に終わった。6回2死走者なしでの第3打席は初球を捉えたが、引っ掛けて二ゴロ。右腕の前に3打席凡退と苦戦を強いられている。

 右肘のトミー・ジョン手術から5月7日(同8日)の敵地タイガース戦で戦列に復帰した大谷。6月に入って状態を上げ、13日(同14日)には日本人初のサイクル安打を達成して歴史に名を残す大活躍を見せた。

 15日(同16日)のレイズ戦こそノーヒットだったが、翌16日(同17日)のレイズ戦でマルチ安打。17日(同18日)のブルージェイズ戦では4試合ぶりの一発を放つなど2戦連続マルチ安打を放ち、今季の成績を138打数39安打9本塁打30打点、打率.283としていた。

Full-Count編集部

最終更新:6/19(水) 21:43
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事