ここから本文です

日ハム上沢の左膝整復固定術が終了、全治5か月 「チームは必ず優勝する」

6/19(水) 20:06配信

Full-Count

18日のDeNA戦でソトの打球が直撃し「左膝蓋骨骨折」の診断を受けていた

 日本ハムは19日、上沢直之投手が骨折した左膝蓋骨の整復固定術を受け、無事に終了したことを発表した。全治は5か月の見通し。

【動画】ハム上沢の膝にDeNAソトの強烈打球が直撃した衝撃の瞬間

 上沢は18日のDeNA戦に先発したが、6回にソトの痛烈な打球が左膝を直撃。そのまま途中降板となり、東京都内の病院で検査を受け「左膝蓋骨骨折」と診断されていた。

 上沢は球団を通じ「大事な時期にチームを離れることになり、本当に残念です。チームは必ず優勝すると信じているので、これからしっかりとリハビリしていきます」とコメントを発表した。

Full-Count編集部

最終更新:6/19(水) 20:06
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/16(火) 23:40

あなたにおすすめの記事