ここから本文です

「マシンの進化をまったく実感できない」と嘆くクビサの個人スポンサーが他チームと接触。シーズン中に離脱の可能性も

6/19(水) 12:34配信

オートスポーツweb

 2019年からF1現役復帰を果たしたウイリアムズのロバート・クビサだが、開幕以来チームメイトのジョージ・ラッセルに負け続けている。しかしそれについてクビサは、「ほとんどの場合、チームがジョージに有利なクルマを提供しているからだ」と言う。

「いくつかのレースでは、僕に非があったことは認めるよ。ジョージの前に出られる可能性が十分にあったのに、つまらないミスを犯してしまった。でもそれ以外のほとんどのレースは、僕にはどうしようもない状況ばかりだった」

「ジョージが非常に才能のある若者で、次代を担う速さを備えていることは僕も疑っていない。けれどもあれだけの差がついてしまうことに、僕はまったく納得がいかない。ジョージは最近、『レースごとに、マシンの進化を実感している』と言っていた。でも僕はまったく、そう思えないんだ」

「ジョージのクルマを実際に運転していないから、具体的な違いを指摘することはできない。でも運転しなくても、わかることはある。たとえば前戦カナダGPのコースは、7つのコーナーしかなかった。そこで同じチームの2台が、あれほど大きな差が付くものだろうか」

 クビサの個人スポンサーであるポーランドの石油会社『オーレン』は、クビサをできるだけ早くウイリアムズから離脱させるべく、他チームとの接触を始めたことを公に認めている。同社のスポンサー料は、年間1000万ユーロ(約12億円)と見積もられている。

「F1への挑戦はロバートだけでなく、私たちにとっても得難い体験だ」と、同社CEOのダニエル・オバチェクは言う。

「それだけに彼には、本来の実力を発揮できる環境を用意させてあげたい。それが実現すれば、必ずかつてのような輝きを取り戻してくれると信じているよ」

 クビサとウィリアムズとの契約は今年末までだが、途中離脱の可能性もある。その場合は、現在FIA-F2参戦中のリザーブドライバー、ニコラス・ラティフィがウィリアムズからF1デビューを果たすことになりそうだ。

[オートスポーツweb ]

最終更新:6/19(水) 12:34
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事