ここから本文です

ロッベン、15年ぶりにPSV復帰へ…元同僚の指揮官が獲得を熱望

6/19(水) 22:12配信

SOCCER KING

 PSVが元オランダ代表MFアリエン・ロッベンの獲得に関心を示しているようだ。ドイツ誌『Kicker』日本語版が19日に伝えている。

 現在35歳のロッベンは2004年、PSVからチェルシーへ移籍した。レアル・マドリードを経て、2009年にバイエルンへ加入。昨年12月に今シーズン限りでのバイエルン退団を発表し、去就に注目が集まっている。

 ロッベンには数多くのクラブが獲得に関心を示していると報じられているが、その一つがPSVだという。同クラブを率いるマルク・ファン・ボメル監督はバイエルンでロッベンと共にプレーした経験があり、加入を熱望しているようだ。

 ファン・ボメル監督は「我々が獲得を希望していることは、ロッベンも知っていることだ。今は決断のために、我々は待たなければいけない状況だ」とコメントした。

SOCCER KING

最終更新:6/19(水) 22:13
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事