ここから本文です

アドビ、3-5月売上高は予想上回る-製品ライン拡大が奏功

6/19(水) 9:34配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): ソフトウエアメーカー、米アドビの3-5月(第2四半期)売上高は市場予想を上回った。製品ラインの拡大が今後も成長を後押しすることが示唆された。

18日の発表資料によれば、売上高は前年同期比25%増の27億4000万ドル(約3000億円)となった。アナリスト予想の平均は27億ドル。

アドビのシャンタヌ・ナラヤン最高経営責任者(CEO)は10年余り前から、「フォトショップ」などクリエーティブソフトで有名な同社の事業多角化に取り組んできた。アドビはこの1年間で電子商取引用ソフトを手掛ける米マジェントとマーケティング支援ソフトメーカーの米マルケトを買収。現在は、拡大した製品ラインの統合を進めている。

アドビはまた、3月に同社のプログラムと他のシステムの連携を強めるソフトウエア・プラットフォームを発表した。これにより顧客企業は自社の消費者データをより的確に分析できる。

ナラヤンCEOは電話会議で、「われわれは今年上期の勢いが下期も続くと予想している」とした上で、同社を他のソフトウエア大手と差別化するのは「売り上げの伸びやキャッシュフロー、営業利益」だと説明した。

決算発表後の米株式市場時間外取引で、アドビは一時約2.8%上昇した。

ただ、同社の6-8月(第3四半期)利益見通しはアナリスト予想に届かなかった。同期の一部経費を除く利益見通しは1株当たり約1.95ドル。ブルームバーグのまとめによるとアナリスト予想は同2.05ドルだった。

原題:Adobe Gains as Revenue Tops Estimates on Expanded Portfolio (1)(抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

Nico Grant

最終更新:6/19(水) 9:34
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事