ここから本文です

県出身将棋プロ黒田四段 初白星

6/19(水) 9:15配信

愛媛新聞ONLINE

 4月に43年ぶりの県出身将棋プロ棋士となった黒田尭之四段(22)=松山市=は18日、大阪市の関西将棋会館で行われた「第4回YAMADAチャレンジ杯」1回戦で古森悠太四段(23)を破り、初勝利を挙げた。同日の2回戦では前回大会覇者の大橋貴洸四段(26)に敗れた。黒田四段はプロ通算1勝3敗。
 同棋戦は五段以下でプロ入り15年未満の棋士ら35人が出場し、トーナメントで戦う。日本将棋連盟、上州将棋祭り委員会主催。

愛媛新聞社

最終更新:6/19(水) 9:15
愛媛新聞ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事