ここから本文です

みずほ銀行、AIを活用した外国送金仕向先判定支援システムを構築

6/19(水) 9:43配信

ZDNet Japan

 みずほ銀行が、人工知能(AI)による外国送金仕向先判定支援システムを構築し、4月に運用を開始した。同システムの構築・運用をサポートする日本IBMが発表した。

 このシステムは、IBM Cloud上で提供されるサービスを活用する。みずほ銀行における実際の外国送金の依頼内容を学習データとし、「Watson Knowledge Studio」で作成したモデルをIBM Watsonの自然言語処理に利用する。これにより、自由文で記述された多様な送金依頼書から銀行名や国名、都市名、また「国際銀行間通信協会」のシステムで使われるSWIFTコードなどを正確に把握できるという。また、有識者のノウハウを取り込んだロジックに沿って、為替業務において顧客(送金人)から送金や振込の依頼を受けた金融機関である「仕向先」を自動的に選定できる。

 従来の外国送金業務の事務処理は、SWIFTコード、銀行名、都市名、通貨、金額などの情報が自由文で記載されている外国送金依頼書をもとに、仕向先銀行の判定をしていた。このため担当者は、複数の資料を参照しながら仕向先銀行や経由する銀行を判断する必要があり、大量に処理をするためには時間を要していたため、仕向先判定に要する時間を短縮し、業務効率化、事務コスト、教育コストの削減に対する取り組みが求められていた。

最終更新:6/19(水) 9:43
ZDNet Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事