ここから本文です

失点場面は「僕が弾かないと」広島DF佐々木はそれでも前を向く

6/19(水) 0:58配信

ゲキサカ

[6.18 ACL決勝T1回戦第1戦 鹿島1-0広島 カシマ]

 サンフレッチェ広島DF佐々木翔は前半24分、ゴール前の空中戦でMFセルジーニョに競り負け、相手の決勝点を目の前で見届けた。「僕が弾かないといけないところだった」。自身の責任はもちろん認識。それでも「今回に関しては取り返すチャンスがあるので、今日の一戦だけじゃないということを活かしたい」とすでに前を向こうとしている。

 前半24分、激しい前線プレッシングで相手をハメに行った広島だったが、GKクォン・スンテのロングキックから一気に形勢を引っくり返された。

 まずはフィードに反応したDF吉野恭平がセルジーニョに屈して侵攻を許すと、左サイドを切り裂いたMF土居聖真のクロスにDF野上結貴も対応できず。最後は浮き球に反応した佐々木がセルジーニョに競り負け、3バックの力が及ばぬ形で先制点を献上した。

 ただ、元日本代表の背番号4は「まだ結果が決まったわけじゃない。次はホームでしっかり叩ければ次のステージに進めるので切り替えようと思う」と自身の姿勢を強調する。

「もっとこうしたほうがいいというのは試合が終わってからずっと話していたし、これだけ次の試合に向けてポジティブな声が出ることはなかなかない。悔しいエネルギーを次の結果につなげていけるよう、準備して突き詰めていきたい」。リベンジマッチは1週間後、現状の改善点を糧にしてホームにアジア王者を迎え撃つ。

最終更新:6/19(水) 1:59
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事