ここから本文です

<動画>今田美桜、「MIB」最新作に日本代表として“カメオ出演”に感激

6/20(木) 23:03配信

まんたんウェブ

MANTAN

 女優の今田美桜さんが6月14日、東京都内で日本語吹き替え版声優を務めた映画「メン・イン・ブラック:インターナショナル」(F・ゲイリー・グレイ監督)の初日舞台あいさつに登場した。今作には、映画が公開される各国の有名人がカメオ出演しており、MCから“日本代表”として今田さんが出演していることが発表された。今田さんは「『なんてことだ』と思っています。各国でインフルエンサーさんや有名人の方が、それぞれ出演されていて、日本は私が担当させていただきました。『こんなことは(滅多に)ないな』と思いながら撮影しました」とうれしそうに語った。

【動画】今田美桜「恥ずかしい」"MIB風”ブラックスーツ&サングラス姿披露

 今作で今田さんは、テッサ・トンプソンさん演じる真面目な新人エージェントMの声を担当した。洋画の吹き替えは初挑戦だったという今田さんは、同シリーズについて、「1作目が1997年ということで、生まれた年と一緒。勝手にご縁を感じて、今回吹き替えをさせていただけたことが、本当にうれしかった」と笑顔で語った。「“ジャバビアン”というエイリアンがいて、イントネーションを何回も撮り直させてもらいました。はまっちゃいました……」とアフレコでの苦労を振り返った。

 地元・福岡でもPR活動をしたという今田さんは、「福岡にいる時にずっと見ていた番組に出演させていただけたのはうれしかった。そして『MIB』という大作の吹き替えで……なんかもう信じられない。(福岡にいる)その当時は、絶対に思いもつかないことだったので、ありがたかった」と感慨深げだった。

最終更新:6/20(木) 23:03
まんたんウェブ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事