ここから本文です

ジャンボ尾崎から振ることの大切さを教わった西郷真央 目指すはレギュラーツアーで初の予選通過!

6/20(木) 18:42配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<ニチレイレディス 事前情報◇20日◇袖ヶ浦カンツリークラブ・新袖コース(千葉県)◇6548ヤード・パー72>

“姉弟子”原英莉花が「4」?どういうこと??【大会フォトギャラリー】

火曜日に行われた主催者推薦選考会で3アンダーの「69」をマークし、トップ通過を果たした西郷真央。地元・千葉県の麗澤高に通う3年生だが、実はジャンボ尾崎ゴルフアカデミーの1期生でもある。まだアマチュアの主要タイトルは獲得していないものの、昨年3月からジャンボ邸の練習場で腕を磨き続けていることで、確実に地力は上がってきた。

「先週のステップ・アップ・ツアー(ルートインカップ上田丸子グランヴィリオレディース)で、風が強いなか予選通過したことが自信になっています。去年までと比べて、スコアをまとめられる力が上がった気がします」と西郷。2日目の13番パー4でOBを打ち、トリプルボギーを叩きながらも「73」で上がったことを評価した。これまでレギュラーツアーには4回出場し、予選通過は一度もないだけに、ステップ・アップ・ツアーといえどもプロの試合で予選通過したことは素直に嬉しかった。

2016年の「世界ジュニアゴルフ選手権」で6位になったように、ポテンシャルは低くない。しかし、いつの間にかボールが曲がることを恐れ、ドライバーを思い切り振れなくなっていた。ヘッドスピードも落ちていたときに、ジャンボ尾崎ゴルフアカデミーの門を叩いたという。

「アカデミーに入ってからは、下半身を中心に体幹を鍛えながら、同時にしっかりと振ることを意識して練習しました。おかげで20ヤードぐらい飛距離が伸びたと思います」

高校生だけに毎日通うわけにはいかないが、時間が許す範囲内でジャンボ邸での練習を続けてきた西郷。その積み重ねが徐々に結果となって表れてきたといえる。その西郷がジャンボにあるお願いをしたという。

「ジャンボさんのところへいけないときでも素振りをしたかったので、素振り用の練習器具を貸していただけますか? とお願いしたんです。すると、これを試していいぞと1本渡してくれました」。ジャンボお手製の素振り棒だが、重さ的にもちょうどよかったらしく、今大会でもドライビングレンジでボールを打つ合間に何度も振っていた。

「今週の目標は予選通過です。できれば、ローアマを獲りたいですね」と抱負を語った西郷。これまではつい欲をかいたゴルフをしがちだったが、今回は攻めるところは攻め、守るところは守るというゴルフに徹し、レギュラーツアー初の予選通過を目指す。(文・山西英希)

(撮影:福田文平)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:6/20(木) 18:42
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ