ここから本文です

KANA-BOON飯田 活動休止「精神的な病気」音信不通の理由はプレッシャー

6/20(木) 5:59配信

デイリースポーツ

 4人組ロックバンド「KANA-BOON」が19日、失踪騒動を起こしたベースの飯田祐馬(28)について「精神的な病気」と公表し、飯田が音楽活動を休止することを公式サイトで発表した。

 飯田が音信不通になった理由を「音楽活動の中での、個人的な不安やプレッシャーが原因であったと確認することができました」と説明。「本人と話し合いを進めていく中でも、体調が不安定な状態が見られた」といい、医療機関を受診したところ、「精神的な病気だということがわかりました」と明かした。

 飯田と相談の上、「しばらくの間、治療に専念するため、飯田の音楽活動を休止させていただく」とし、飯田の今後は「心身共に健康な状態に回復するのを待ってから、改めて話し合う予定」だ。

 その間、バンドはサポートベーシストを迎えて活動を続行。23日には都内でロックバンド「シナリオアート」との対バンライブが予定されている。

 ボーカルの谷口鮪はこの日、「ここ最近のバンド活動の中でのメンバー間のやり取りが、めしだにとって大きなプレッシャーになっていたことを知りました」とツイート。

 「めしだとも相談し、一旦療養してもらってから、元気になったところで今後についてもう一度話し合おうということになりました」と説明し、「僕たちをゆっくりと見守ってくれるとありがたいです」と呼び掛けた。

 飯田は今月5日から音信不通となり、家族が警察に捜索願を出していたが、15日深夜に帰宅した。

最終更新:6/20(木) 6:55
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事