ここから本文です

今年もここが起爆剤! 今度こそ、松田鈴英がメモリアル大会で初優勝へ

6/20(木) 18:52配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<ニチレイレディス 事前情報◇20日◇袖ヶ浦カンツリークラブ・新袖コース(千葉県)◇6548ヤード・パー72>

黒のドレスアップ姿が大人っぽい!【松田鈴英 写真集】

昨年、8アンダーをマークして単独4位に入った松田鈴英。プロ転向以来、ツアー出場29試合目にして初のトップ10入りだった。「この試合から成績がめっちゃ伸びたので、私にとってはある意味メモリアルな試合ですね」というように、この後、松田は21試合に出場し、優勝こそなかったものの、トップ10入りが9回と活躍。賞金ランキング11位でシーズンを終えた。

「コース的にはOBがないので好きですね。林に入っても横に出せばいいので、思い切ってドライバーを振っていけますから」と松田。開催コースの袖ヶ浦カンツリークラブ・新袖コースは典型的な林間コースで、どの選手もフェアウェイが狭いという。本来ならドライバーを強く振り切ることには躊躇しがちだ。しかも、松田は現在ドライビングディスタンス部門で第2位(255・91ヤード)につける飛ばし屋である。短いホールなら3番ウッドで刻んでもいいところだが、ドライバーで攻め続ける気持ちしかないといい切る。ある意味、それぐらいの思い切りのよさがあるからこそ、ボールも曲がらず、フェアウェイをとらえるのかもしれない。ちなみに、ドライバーの飛距離が伸びた理由を聞いてみた。

「元々飛ばないほうではなかったと思いますが、今年のオフにトレーニングをして体重を増やしたのが一つ。あとはブリヂストンの新しいドライバー(TOURB JGRプロトタイプ)に替えたことですね。スピン量が少ないせいかキャリーが伸びたことで、10ヤードぐらい飛んでいると思います」

今季も優勝争いに絡みながらも、あと一歩が届かない松田。「当然、優勝を目指して頑張りますし、今年もこの試合をきっかけに飛躍するつもりです」と、気合いを入れていた。(文・山西英希)

(撮影:福田文平)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:6/20(木) 20:23
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事