ここから本文です

土浦キララちゃんバス 運行14年、乗客200万人

6/20(木) 10:43配信

茨城新聞クロスアイ

土浦市で運行されている市内循環バス「キララちゃんバス」の乗降客が200万人を達成した。2005年3月の運行開始から丸14年。正月を除き毎日休みなく運行し、市民の足として定着している。

今月4日、200万人目となった同市港町の藤田三恵子さん(81)にはJR土浦駅前で花束が贈られた。

キララちゃんバスは、NPO法人まちづくり活性化土浦が実施主体となり、市が運行を補助し、関東鉄道が運行している。小型バスが市民会館循環(11キロ)、亀城公園循環(9キロ)、霞ケ浦循環(11.9キロ)の市内3路線を走っている。料金は大人150円。

車からバスに乗り換える際に近隣の駐車場を無料で使える「パーク&バスライド」を実施。バス利用者が市内商店で買い物した際に地域通貨券を提供する取り組みも行っている。

茨城新聞社

最終更新:6/20(木) 10:43
茨城新聞クロスアイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事