ここから本文です

【MotoGP】「タイトル争いはマズい状況」ドヴィツィオーゾ、“クレバーな走り”のマルケスを警戒

6/20(木) 17:04配信

motorsport.com 日本版

 ドゥカティのアンドレア・ドヴィツィオーゾは、自身がMotoGP第7戦カタルニアGPをノーポイントで終えてしまったことで、マルク・マルケス(レプソル・ホンダ)が余裕を持ってタイトル争いをしてしまうチャンスを得たのではないかと危惧している。

【画像】遂に “侍” 復活。ダニ・ペドロサがKTMのマシンをテスト

 今シーズンも、チャンピオンシップにおけるマルケスの主なライバルだと目されていたドヴィツィオーゾだが、カタルニアGPではホルヘ・ロレンソ(レプソル・ホンダ)のクラッシュに巻き込まれ、痛恨の転倒リタイアを喫した。

 結果としてマルケスは独走優勝を果たした。これにより、ポイントリーダーのマルケスは、ランキング2位につけるドヴィツィオーゾとの差を、12ポイントから37ポイントまで拡大することに成功した。

 ドヴィツィオーゾは年間2位に終わった昨シーズンを例に挙げ、「本当にまずいのは、マルクがこうした状況では賢く、そして去年のように2番手のライダーとしてレースを戦えることだ」と語った。

「だから、彼は恐らく今までのように限界まではプッシュしないだろう。一方でこちらは100%プッシュする必要がある」

「それは悪い状況だ。僕たちが望んでいたのは、自分たちがそれをやることだったんだ。このレースの前までは、僕らが彼を限界に追いやるようにしていた。そうなれば、誰もがミスをする可能性があるからだ。でも、こういうことになってしまった」

 同じくロレンソのクラッシュに巻き込まれ、リタイアを強いられたマーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)は、このロレンソのクラッシュがドヴィツィオーゾのチャンピオンシップを“破壊した”と語っている。

 そしてLCRホンダのカル・クラッチローも、“タイトル争いは終わった”と説明するかたわら、“既にカタールで終わっていた”とも皮肉げに述べている。

 だが、当事者のマルケスとドヴィツィオーゾの両名は、そうした話を否定している。

「もし僕がそう(タイトル争いは終わったと)考えているなら、次のレースには出ていないだろう。だがそうはならない。MotoGPというスポーツでは何でも起こりうるからだ」と、ドヴィツィオーゾは主張した。

「僕らは強いし、本当に懸命に取り組んでいるんだ。まだ獲れるポイントはたくさんある」

「今、マルクは大きなギャップを手にしている。それは厳しい。そして知っての通りマルクはどんなコンディションでも強さを発揮する。だからマルクよりもポイントを獲得するのは簡単なことではない。だが、不可能なことではないんだ」

 そして、マルケスは“簡単なように見えるだろうが、そうではない”と強調している。

「僕らは今日(カタルニアGP決勝)、プッシュしてリスクを取った。ターン5では殆どフロントを失っていた。ただ、今日は良い形でライディングができたよ」

「そうしてもなお、僕を攻めてくるライダーが何人もいた。どうなるかは分からないんだ。チャンピオンシップはとても長い。まだ7戦目を終えただけだから、調子を維持していく必要がある」

Valentin Khorounzhiy

最終更新:6/20(木) 17:04
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ