ここから本文です

輸入ビールの売れ行きに変化 日本産低下し中国産が上昇=韓国コンビニ

6/20(木) 10:22配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】韓国のコンビニエンスストアの人気商品、輸入ビールに対する消費者の好みが変化している。

 韓国のコンビニ大手「CU」が20日に公表した直近5年間の輸入ビールの売り上げ分析によると、2014年には「アサヒ」をはじめとする日本ビールの売り上げが輸入ビール全体の38.1%を占めていたが、今年1~5月はその比率が27.5%に低下した。日本ビールは輸入ビールの国別売り上げ順位では依然1位を守っているものの、その座が揺らいでいる。

 一方、「青島」をはじめとする中国ビールは、14年時点では輸入ビールの売り上げに占める比率が4.9%にとどまっていたが、今年は10.2%と2倍以上に拡大し、売り上げ順位で3位に浮上した。

 日本ビールに次いで2位をキープしていたオランダビールは同期間に売上比率が10.3%から9.8%に低下し、4位に後退。これまで4位だったベルギービールが9.9%から14.0%に躍進し、2位に入った。

最終更新:6/20(木) 14:41
聯合ニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事