ここから本文です

【宝塚記念】キセキ 仕上がりに太鼓判 目指すは“頂点”G1・2勝目へ!

6/20(木) 6:00配信

デイリースポーツ

 「宝塚記念・G1」(23日、阪神)

 狙うはただひとつ-“頂点”のみだ。

 大阪杯2着から参戦するキセキは19日、栗東CWを単走。馬のリズムに合わせながら、コーナーをゆったりと回り直線へ。鞍上が抑えるのに苦労するほどの手応えで、状態の良さをアピール。しなやかな伸び脚を披露し、5F67秒1-38秒0-11秒8を計時した。

 辻野助手が満足そうに振り返る。「先週負荷をかけているので、今回は調整程度。雰囲気を確認しました。動きは素晴らしかったし、いい状態に持ってくることができた」と好仕上がりに太鼓判を押す。

 昨年の宝塚記念を後方のまま、2番人気で8着に敗れると、続く毎日王冠から脚質を変換。一転して先行して粘り込む、新しいスタイルを確立した。「昨年の夏休みを機に、心身のバランスが取れてパフォーマンスが安定した。今思えば、この方法が良かったと感じている」とうなずく。

 言葉通り、その秋のGI戦線では天皇賞・秋3着、ジャパンC2着、有馬記念5着と安定した成績を残した。しかし、あと一歩、勝利への悔しい競馬が続いている。追い切り後の共同会見で、川田は「何とかGIタイトルを獲りたい。キセキとともに、一番上に立ちたいですね」と心境を述べた。

 結果次第では凱旋門賞・仏G1を目指すプランもあるだけに、まずは国内で納得のいく走りを披露したい。ファン投票3位。「1着という着順は、皆さまの声援の後押しがあればかなう」とは辻野助手。17年菊花賞以来のGI2勝目へ。ファンの熱い支持に応え、グランプリを制してみせる。

最終更新:6/20(木) 7:05
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ