ここから本文です

(語る 人生の贈りもの)関野吉晴:3 失恋こそ大学時代に

6/20(木) 16:00配信 有料

朝日新聞デジタル

 ■探検家・医師、関野吉晴

 《1968年、一橋大学に入学。5月に探検部を創設した》
 模造紙に「探検部員募集!」と書いて構内に掲示したら10人以上が集まりました。登山技術を習得するため社会人山岳会に入り、他大学の探検部に話を聞きに行き、活動が盛んな早稲田大探検部の合宿にも参加させてもらいました。年間3分の1ぐらいは登山か川下り、もう3分の1はアルバイト。
 いろんなアルバイトをしました。最初は塾の立ち上げ。家庭教師は生徒が1人だけど、塾ならたくさん教えられるから効率が良いと思ったんですよ。集会所を借りて、慶応義塾に対抗して「昭和義塾」と名前を付けて。…… 本文:806文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

朝日新聞社

最終更新:6/20(木) 16:00
朝日新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事