ここから本文です

アレスバローズ、CBC賞1週前追い切り速報/栗東トレセンニュース

6/20(木) 12:31配信

netkeiba.com

 高松宮記念9着後、一旦放牧へ出されており、6月5日にグリーンウッドから栗東へ帰厩したアレスバローズ(栗東・角田晃一厩舎)。次走は昨年勝ったCBC賞(6月30日・中京芝1200m)へ向けて調整中。今朝20日はその1週前追い切りを行っている。

 坂路で単走。これはいつものパターンで、スタートはゆっくりというのもいつもと変わらない。ラップは1Fごとに速くなっているが、見せ場は後半。特に残り300mあたりでの脚の回転速度は半端なく、ぐんぐんとスピードに乗っていく。

 その勢いのままゴールして、時計は4F51.9~3F37.2~2F23.9~1F11.9秒。全体時計はさほど速くないが、2Fが24秒を切って、最後が11秒台。迫力満点という言葉がぴったりな豪快な追い切りだった。昨夏はスプリント重賞を連覇しているだけに、この季節なら俺の出番とばかりに主役候補に名乗り出てきた。

(取材・文:井内利彰)

最終更新:6/20(木) 12:41
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事