ここから本文です

ドル下落、FRBが年内利下げ示唆=NY市場

6/20(木) 6:11配信

ロイター

[ニューヨーク 19日 ロイター] - ニューヨーク外為市場では、米連邦準備理事会(FRB)が金利据え置きを決定したものの、年内利下げの可能性を示唆したことで、ドルが下落した。

FRBは18─19日に開いた連邦公開市場委員会(FOMC)でフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を2.25─2.50%に据え置くことを決定したが、不確実性の増大などに対応するために年内に最大0.5%ポイントの利下げが実施される可能性があると示唆。FOMC声明で景気拡大を維持するために適切に行動すると表明し、これまでの声明にあった金利調整に当たり「忍耐強く」対処するとの文言を削除した。

これを受け、ドルは対ユーロ<EUR=>で0.38%安の1.123ドル、対ポンドで0.77%安の1.265ドルとなった。

主要6通貨に対するドル指数<.DXY>は0.45%低下の97.121。FOMCの結果が市場で消化されるに従い、下げ幅を縮小した。

UBSグローバル・ウエルスマネジメントの米州資産配分担当責任者、ジェイソン・ドラホ氏は、FOMC声明は「予想よりハト派的だった。これを受け、2年債利回りの低下、株価上昇、ドル下落といった動きがみられた」と指摘。「FRBは声明から『忍耐強く』との文言を削除することで、経済指標の悪化が継続し、通商問題に起因する成長への懸念が台頭した場合は、7月のFOMCで利下げに動く可能性があることを示唆した」と述べた。

ドル/円 NY終値 108.09/108.12

始値 108.39

高値 108.49

安値 107.91

ユーロ/ドル NY終値 1.1224/1.1228

始値 1.1205

高値 1.1252

安値 1.1201

最終更新:6/20(木) 11:58
ロイター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事